各種機能

ID #1100

スリープ


Windows Vista では、スリープと呼ばれる新しい電源の状態が導入されましたWindows Vista のスリープ状態では、スタンバイ モードの速度、および休止状態のデータ保護機能と低電力消費を実現できます。PC をスリープ状態にしておけば、わずか数秒でコンピュータの使用を再開できます。新たに導入されたスリープ状態を使用すれば、コンピュータをシャットダウン して再起動する回数が減るうえ、1 回のクリックでオン/オフの切り替えができるので、電力消費を削減でき、さらにデータの保護にもつながります。

デスクトップ PC でのスリープ

Windows Vista ベースのデスクトップでのスリープは、Windows Vista ベースのラップトップでのスリープとは異なる方法で機能します。Windows Vista ベースのデスクトップをオフにすると、現在使用中のすべてのドキュメント、アプリケーション、およびデータが 2 つの場所に保存されます。まず、これらはメモリ (RAM) に保存されますが、ここに保存された情報にはすぐにアクセスできます (Windows XP でのスタンバイ状態と同じ)。同時に、これらの情報はコンピュータのハード ディスクにも保存されます (Windows XP での休止状態と同じ)。つまり、Windows Vista のスリープでは、現在のユーザーの情報がメモリとハード ディスクの両方に同時に保存されます。

スリープでは、長時間使用していなかった場合でもすばやく再開できるように、メモリに保存したデータが使用されます。マウスを動かすか、キーボードの任意のキーを押すだけで、コンピュータが数秒で起動されます。

またスリープでは、停電などの電源障害が発生した場合にデータを保護するために、ハード ディスクに保存したデータが使用されます。電源障害後にデスクトップの使用を再開するときには、ディスクに保存されたデータを使用することで、すべての データおよびアプリケーションを損なうことなく、スリープ状態から速やかに再起動できます。

ラップトップ PC でのスリープ

ラップトップ PC の場合は、電源ボタンを押すか、ラップトップのふたを閉めるだけでスリープ状態になります。データはメモリに保存されるため、すばやくコンピュータの使用 を再開できます。バッテリが少なくなってくると、Windows Vista はデータの保存をディスクに切り替えてデータの安全を維持します。Windows Vista では、以前のバージョンの Windows よりも迅速かつ確実にコンピュータの使用を再開できます。




タグ: -

関連エントリ: -

最終更新: 2007-07-06 15:22
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 3 - 5 (1 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある