各種機能

ID #1102

システムの復元


システムの復元は Windows XP で導入された機能であり、(MEの立場はないらしい)個人のデータ ファイル (Microsoft Office Word 文書、グラフィック ファイル、電子メール メッセージなど) を失うことなく、コンピュータを以前の状態に復元できます。システムの復元を使用した場合、システム スナップショットを撮る必要はありません。簡単に識別できる復元ポイントが自動的に作成され、これを使用することによってシステムを以前の状態に戻すこと ができます。復元ポイントは、重大なシステム イベントが発生したとき (アプリケーションやドライバのインストール時など) だけでなく、定期的に (毎日) 作成されます。さらに、任意の時点で復元ポイントを作成し、名前を付けることができます。

Windows XP のシステムの復元は、特定のファイル拡張子のセットに対して行われたファイルの変更を監視するファイル フィルタに基づいており、上書きの前にファイルをコピーします。問題が発生した場合は、システム ファイルおよびレジストリを、システムが正常に動作していた以前の日付にロールバックします。

Windows Vista のシステムの復元は、Windows XP に比べ、さらに広範囲にわたる変更から回復を実行できるようになっています。以前のバージョンの Windows で使用されていたシステムの復元用のファイル フィルタ システムは、新しく生まれ変わりました。新しいシステムでは、復元ポイントが要求されると、ファイルまたはフォルダのシャドウ コピーが作成されます。シャドウ コピーとは、基本的に、特定の時点における以前のバージョンのファイルまたはフォルダを指します。Windows Vista では、復元ポイントを自動的に要求することができます。必要に応じて要求することも可能です。システムの復元が必要な場合、ファイルと設定が、シャドウ コピーから Windows Vista で使用するライブ ボリュームにコピーされます。これにより、バックアップと回復のさまざまな側面との統合が強化され、システムの復元がさらに便利になっています。




タグ: -

関連エントリ: -

最終更新: 2007-07-06 15:24
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 0 - 5 (0 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある