各種機能

ID #1103

Windows バックアップ


Windows Vista では、便利な自動スケジュール設定を使用して、PC 設定、ファイル、およびアプリケーションのバックアップをいつでもどこでも簡単に実行できます。

Windows Vista のバックアップ方法は、Windows XP に組み込まれている基本的なバックアップ ユーティリティよりも包括的で、使いやすいものになっています。新たに追加された Windows バックアップ機能には、バックアップした情報を格納するための選択肢が多数用意されています。CD-ROM や DVD-ROM へのバックアップだけでなく、USB や IEEE 1394 で PC に接続された外付けハード ディスク、PC 上の別のハード ディスク、あるいはネットワークに接続された別の PC やサーバーにバックアップすることも可能です。

Windows Vista では、Windows XP よりも簡単にバックアップ処理を行うことができます。ユーザーが定期的にデータをバックアップする必要はなくなりました。簡単なウィザードを使用して、バックアップの時期と保存場所を設定できます。

Windows Vista では、回復機能の処理範囲と便利さが強化されましたが、もちろん、バックアップ機能も同じように便利です。ウィザードを使用して、復元するファイルまたは フォルダの選択と、復元用メディアの選択を行います。これにより、選択したファイルが復元されます。

以前のバージョン

以前のバージョンの管理機能を使用すると、誤って損失または変更してしまったファイルを簡単に元に戻せます。

作業中のファイルを誤って上書き保存してしまったことはありませんか。意図せずにファイルを削除または変更してしまうというのが、データ損失の一般 的な原因です。Windows Vista には、以前のバージョン管理機能という、データを保護するために役立つ最新テクノロジも組み込まれています。この機能では、作業中の任意の時点でのファイ ル コピーが自動的に作成されるため、誤って削除してしまったドキュメントのバージョンを迅速かつ簡単に取り戻すことができます。




タグ: -

関連エントリ:

最終更新: 2007-07-06 15:24
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 0 - 5 (0 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある