セキュリティー

ID #1034

推奨される標準ユーザーでの利用


Vistaでは通常ログインして使用するアカウントは標準ユーザーを利用し、同時にその標準ユーザー用の管理者アカウントを作成しておきます。

通常ログインして利用するアカウントが管理者アカウントではなく標準ユーザーを使用するには訳があります。
標準アカウントを使用すると、コンピュータを使用するユーザー全員に影響する変更がユーザーによって行われるのを防止することができ、コンピュータの保護に役立ちます。どのユーザーに対しても標準アカウントを作成し通常利用することをお勧めします。

標準アカウントを使用して Windows にログオンしたときも、管理者アカウントで実行可能な操作をすべて行うことができます。ただし、ソフトウェアのインストールやセキュリティ設定の変更など の、コンピュータの他のユーザーに影響する操作を行おうとした場合には、管理者アカウントのパスワードを入力するように求める Windows のメッセージが表示されることがあります。
パスワード入力によ一旦管理者になることにより管理者としての通常の操作が可能となります。

アプリケーションによっては標準ユーザーからの昇格で正常に動作しない場合がありますが、これは対象のアプリケーションがVistaのガイドラインに沿っ てプログラムされていない為でアプリケーション側で対応する必要があります。対応していないアプリケーションの場合Vistaにとって怪しい動作をする可 能性もあるため管理者として使用する場合も注意が必要です。

何かしらのトラブルが発生して、例えば通常使うユーザーが正常に利用できなくなった場合、管理者ユーザーを作成してあれば、管理者ユーザーから対応 ができますが、管理者ユーザーしか無かった場合あきらめてリカバリーするしか方法が無くなる場合があります。安全に使用するには標準ユーザーと管理者ユー ザーを作成し、普段は標準ユーザーで利用するようにします。




タグ: -

関連エントリ: -

最終更新: 2007-07-06 12:37
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 4.33 - 5 (3 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある