ネットワーク

ID #1041

ネットワーク経由のコピーが遅い


100MB 以上の大きなファイルのコピーを行うと、ファイル コピーの処理速度が遅くなることがあります。
エクスプローラ内部の動作が変更されているため、ファイル コピー処理に時間がかかることがあるようです。
ドライブ文字を割り当てている時と割り当てていないときではコピーの内部処理が違い、さらにTCP ウィンドウサイズを自動的に変更することでネットワークの性能を向上させていたり、NICのハードウエア オフロードを利用して性能を向上させていますが、全てのネットワーク カードでこの機能を利用することができません。
複雑な処理をしている関係で、使用するNICによってコピー処理の性能に相異が発生する可能性があります。

パフォーマンスが悪い場合いくつかの解決策がありますが、どれが最適かは環境によって異なります。

その1
サイズの大きなファイルをコピーする場合、エクスプローラではなくコマンドプロンプトより Robocopy コマンドを使用します。
Robocopy /? で使い方を参照します。
Robocopy コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ(ファイル)

その2
送信先のフォルダにネットワーク ドライブを割り当てます。
net use コマンドを使用してドライブを割り当てます。

Net use ドライブ名 送信先フォルダ

その3
ネットワークの TCP ウィンドウサイズの自動調整機能を無効にします。
次のコマンドを実行します。
netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled

その4
ネットワークカードのオフロードチェックサムの機能を有効にします。
有効にする方法はNICによって異なります。




タグ: -

関連エントリ:

最終更新: 2007-07-06 14:51
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 1.6 - 5 (43 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある