各種設定

ID #1117

ファイル保存先が一時フォルダになってしまう


左クリックでファイルをダウンロードする際、保存先を指定するダイアログで「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックを外してしまうと、それ以降その拡張子のファイルでは保存先を指定するダイアログが出なります。
この状態になると保存場所を指定できず、デフォルトの一時フォルダなどにダウンロードするようになってしまいます。

この問題を解決するにはレジストリエディタでのレジストリ編集が必要です。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Shell\AttachmentExecute\{0002DF01-0000-0000-C000-000000000046}
の右側でチェックを外したファイルに関連するエントリを削除します。

レジストリエディタでの操作は危険が伴います。十分注意して自己責任で操作しましょう。



タグ: -

関連エントリ: -

最終更新: 2007-07-06 16:07
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 2.2 - 5 (30 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある