ドライバ

ID #1078

マルチモニタの利用


●XPDMドライバでのマルチモニタのサポート
XPでは、Windows XP Display Driver Model (XPDM) を通じて大幅な向上が図られ、複数のグラフィックスカードがネイティブでサポートされるようになり、ドライバでサポートを提供するための適切な手段がハー ドウェアベンダにより提供されました。

●WDDMドライバでのマルチモニタのサポート
Vista では、従来のグラフィックス スタックが使用されるため、引き続き古い XPDM ドライバが動作し、XPDM ドライバを使用した場合のマルチモニタの動作は変化がありません。

Windows Vista Display Driver Model (WDDM) では、複数のグラフィックスアダプタと外部ディスプレイの管理に関して、根本的な変化が生じます。その中には、新たな制限も含まれます。WDDM ドライバは、"異種のマルチアダプタ" を使用したマルチモニタの実装をサポートしていないからです。具体的には、下記のとおりです。

■システム内のすべてのグラフィックスアダプタが、同じディスプレイドライバを使用する必要があります。すなわち、それらのすべてで、XPDM または WDDM が実行されている必要があります。ドライバ モデルは相互排他的であり、Windows Vista では、XPDM ドライバと WDDM ドライバの両方を同時に読み込むことはできません。

■システムに複数のグラフィックスアダプタが装着されている場合、それらすべてが同じ WDDM ドライバを使用する必要があります。2 つの異なる製造元の WDDM ドライバを使用する 2 つのグラフィックスアダプタがあった場合、Vistaでは、それらのドライバのいずれかが無効となります。VGA アダプタは有効になりますが、2 番目のデバイスは無効になります。

XPDM ドライバは、Windows XP から引き続き、異種のマルチアダプタをサポートしています。Windows XP において、そうした構成で正常に動作していた場合、Windows Vista にアップグレードする際に問題が生じます。いずれかのグラフィックスアダプタに接続された外部モニタは、ビデオ信号を持ちません。ビデオ信号が無効になっ ているからです。この場合、システムのブート時にエラーメッセージが表示されます。

異なるドライバのアダプタを同時に利用するにはXPDM ドライバを強制的にインストールします。
XPDMドライバを利用する事でWindows XP の場合と同様に動作するように、異種のマルチアダプタを使用したマルチモニタ環境を得ることができます。




タグ: -

関連エントリ:

最終更新: 2007-07-06 15:12
作成者: vistafaq
改訂: 1.0

このエントリを評価してください:

評価点数: 4.75 - 5 (4 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある